本校は、昭和43年4月、東京の東部、西新井大師にほど近い静かな住宅地に開校しました。
 平成8年4月に開校した男女共学の3年課程は、1学年60名のこぢんまりとした学校です。設立母体である医療法人社団大和会は、メンタルケアや高齢者看護・介護に力を注いでいる病院や施設も運営しています。
 首都圏を中心に全国より集まった学生が、時代の変化に即応できる専門性と豊かな看護のこころを有するプロフェッショナルの看護師を目指して学習しています。
1. 博愛精神を基盤とし、感性豊かで調和の取れた社会人として成長する。
2. 多様な価値観を認識し、対象の人権を尊重した倫理観に基づいた看護を実践できる能力を養う。
3. 人間を身体的・精神的・社会的に統合された存在として理解する能力を養う。
4. 人々の健康と生活を自然・社会・文化的環境との相互作用の観点から理解する能力を養う。
5. 健康上の問題を解決するため、科学的根拠に基づいた看護が実践できる基礎能力を養う。
6. 健康の段階、障害の状態に応じた看護を、安全・安楽に実践できる能力を養う。
7. 医療・保健・福祉のチームの一員として、看護の機能、役割、責任を認識し、連携・協働できる能力を養う。
8. 国際的視野を持ち、時代の変化と社会のニーズにこたえうる主体的、研究的態度を養う。
 3年次になると、教員が一人一人の卒業後の進路をサポートします。
 例年、就職希望者の何十倍もの求人があります。
病院などの医療施設のみならず、福祉・保健施設。・保育園・企業・学校の保健室、海外ボランティア団体などからも看護師が求められています。
保健師や助産師学校への進学者もいます。
大学へ編入する道も開かれています。
 自宅通学が困難な方には、学校事務室にて賃貸アパートなどの取り扱い不動産情報を提供します。
このページのトップへ